Wakamonoiz

Make a noiz. Make a difference. 社会問題に取り組む若者たちの姿を伝えます。

TICAD V 学生プロジェクト(後編)

今までの世代が積み重ねたものの上に私たちは乗っからせてもらった。この成果と反省を踏み台にしてまた次に活かしてほしい。
SONY DSC
TICAD V 学生プロジェクト:辻愛麻さん、前田実咲さん、村岡楓公さんインタビュー


2013年夏に開かれた「第5回アフリカ開発会議(TICAD V)」で訴えた若者の声は誰に届いたのか。「TICAD V 学生プロジェクト」の辻愛麻さん、前田実咲さん、村岡楓公さんのインタビュー後編です。前編はこちら

profile_tsuji
辻 愛麻 Emma Tsuji Harrison
同志社大学政策学部4年。インドネシア、スリランカ、ケニアにて国際交流・国際協力事業に参加。大学入学以来、「日本ケニア学生会議」の代表として、ケニアと日本の学生の交流事業の運営に関わる。現在は休学し東京にて1年間、日本国際ボランティアセンター(JVC)調査研究・政策提言部門インターン、そして、UNHCR渉外インターンとして活動中。

profile_maeda
前田 実咲
慶應義塾大学経済学部4年。元TICADⅤ学生プロジェクト共同代表。2010年よりアデオジャパン所属、2011年8-12月に世界最大のソマリア難民キャンプ等にてNGO研修。2012年東京開催のIMF世界銀行年次総会におけるユース組織Development Japan共同代表。国連フォーラム幹事会所属。

profile_muraoka
村岡 楓公
東京大学法学部3年。2011年よりアデオジャパンに所属し、TICAD Vに向けたNGOコンタクト・グループにも同団体を代表して参加。TICAD V学生プロジェクトでは、アドボカシー代表としてTICAD Vに向けアフリカ・日本ユースの立場からの提言作成に取り組む。2012年11月15日-17日にワガドゥグで行われたTICAD Vに向けた高級実務者会合には同プロジェクト代表団として出席。

アドボカシー

学生サミットを通じて作成された「Africa-Japan Development Agenda 2013」は、「雇用と民間セクター」「教育」「保健」「平和教育」「治安部門改革」「交流」の6つの分野にわたって政策を提言する内容となっています。この文書は安倍昭恵首相夫人や外務省の伊藤誠TICAD担当大使など日本政府の要人や、世界銀行など国際機関の高官に手渡されました。提出した相手の一覧はこちらのページに掲載されています。

こうした若者の声を届ける活動をTICAD V 学生プロジェクトは「アドボカシー」と呼んでいます。アドボカシーとは本来「権利を擁護する」という意味ですが、特に社会的な課題に対してその当事者や支援者が政策決定者に対して意見を提言することを指します。

 学生サミットが終わってから6月のTICADまでの活動は、様々なルートを通じて私たちの提言文書を届けることでした。第一にTICADの主催者、共催者である日本政府や国際機関の代表者に対して。第二にTICADそのものには関わらないが、提言文書の内容には関わる人たち。たとえば早稲田大学とUNHCRが共催したシンポジウムに参加させていただきましたが、この両者はTICADの共催者ではないけれど、提言の対象となるアクターです。第三に、写真展の開催などを通じて、一般の人たちに私たちの考えを分かりやすく伝えていきました。

前田 TICADの主催者・共催者の各機関には、全員に提言書を渡しました。それぞれの実務担当者には届いたのかな、という感じです。

 それがどう反映されたのか、というのはまたちょっと別のお話になってくるのかな。

前田 若者が政策提言することには、集まる → 政策提言文書を作る → 届ける → 反映される、という段階があります。集まること、作ること、届けることはできましたが、それがどれだけ反映されたかっていうのはさまざまです。

 横浜宣言、横浜行動計画という成果文書に自らの要求を反映するために、どのアクターもみんな躍起になっているわけですよね。そこに対して私たちがいろんなルートを使って提言文書を渡して、どのような成果が出たのか。

確かに横浜宣言の中に「若者の機会の拡大」という文言はありました。しかし、その文言が盛り込まれたことに、私たちがどれだけ直接的な影響を及ぼしているか、そこはもっと複眼的に見なくてはいけません。それがアドボカシーの一番難しいところです。アフリカでは、人口の多い若者の役割はもともと大きいし、アラブの春などを経てきているので、当初から「若者」はフォーカスされていた論点でした。

その反面、私たちががんばらなかったのかと言われれば、それはまた話がちょっと違って。成果文書が若者について言及したことは、私たちの貢献度はさておき、結果として良かったとは思っています。

前田 多くの分野を包括するTICADにおいて、主要な4つの方向性の一つとして「若者の機会拡大」が取り上げられたのは今まであまりなかったから、一見大きな成果のようですが、そこに私たちがどれくらい影響を及ぼしたかはわからない。それは私たちの自信だったり遠慮だったり。アフリカ連合委員会がそういうスタンスだったのかもしれないし、日本の外務省の担当者がたまたまそういうマインドの人だったのかもしれない。因果関係はわかりません。

でも何だってそうで、何か成果があったときに、誰がどのくらいの影響力をもって貢献したのか結局計れないことが多いので、まあ、私たちもその一つだな、と思います。ただ、私たちは私たちなりにがんばりました、とは言っておきます。

 たとえば昨年のIMF世銀総会に前田がユースの代表として出ましたが、そういう場をユースに与えようという国際社会の潮流みたいなものがある今、その大きな流れの中の一つのエネルギーとして活動し、若者として政策提言できたのはすごく誇らしいことだし、これまでの世代では絶対ありえなかったことなので、そこは良い意味で享受しています。

1078289_496184547129692_318104349_n

前田 今までの世代が積み重ねてきたものの、ちょっと出たところを私たちがたまたまやらせてもらった、といった面はたぶん強いと思います。今までいろいろな人たちが若者の機会拡大に取り組んできて、それが今回TICADにひとつの成果として現れたことを喜んでくれる人たちがいます。彼らが努力してきた賜物であるその土台の上に私たちも乗っからせてもらって、私たち自身もちょっと積み上げられたなら嬉しいな、と思います。

 だから誰かにも私たちを踏み台にして、また「誰か」とはいわず自分たち自身、反省を踏まえて進化していくことが必要です。5年後のTICADやそれに類する大きな国際会議の場で、ちゃんとユースの存在感を発揮し、もっとユースなりのプロフェッショナルな形でしっかりやっていってほしいという思いは、私は個人的にすごく強いです。

前田 これまでのTICADでは、ユースは関連イベントを開いたりはしていたけれど政策提言はできていませんでした。TICADの本会合に対してユースとして政策提言したのは、たぶん今回が初めてだと思います。でもそれは私たちが0から1まで上げたことじゃなくて、第1回から第4回までのTICADやその他の国際会議、いろいろな国際潮流の中で積み上げてきたものが一個、出た、みたいな。

物事には積み重ね、歴史があるので、同じ過ちを同じように繰り返してもしかたないし、誰かが積み上げてきた成果を誰かが踏み台としてその上にまた積み上げていくものなので、次のTICAD、次の国際会議で、私たちの反省を次に活かしていければいい。

(続く »)

Advertisements

Pages: 1 2 3 4

Written by wakamonoiz

2014年2月20日 at 9:45 PM

Posted in インタビュー