Wakamonoiz

Make a noiz. Make a difference. 社会問題に取り組む若者たちの姿を伝えます。

[寄稿記事] 気候変動COP16現地からの報告(第4回):まとめ

気候変動COP16からの報告、最終回の今回は、会議の閉幕を受けて、Climate Youth Japanのメンバーが議論の経過と結論を総括します。COP16とはいったいどんな会議だったのでしょうか。

1. COP16に至る背景と求められていたこと(2010年12月20日)
提供: Climate Youth Japan @ Climate Negotiations

こんにちは!
CYJ声明担当の佐藤慎一です。

怒涛のようなCOP16が終わって早1週間が経ちました。ここでは、COP16を簡単に振り返ってみたいと思います。

(※本記事は細心の注意を払いCOP16の成果について解説を試みましたが、万が一間違い等を発見された場合は、climateyouthjapan2010[at]gmail.com ([at]を@に置き換えてください)までご一報いただけると幸いです。)

温暖化対策の初めての国際協定である京都議定書(KP)は、最初の目標期間である第一約束期間が2012年で終わるため、去年のCOP15までに次期枠組みが決められる予定でした。しかし、約30の国・機関の首脳級会合により作成されたコペンハーゲン合意は、作成過程が不透明であると、ボリビアなどの途上国が反発したことによりコンセンサスとならず、法的拘束力を持たない「留意する」という形で採択されました。

そのため、今後の交渉では、次期枠組みの作成が当然求められます。しかしながら、COP15は、国連史上最多とされる119人の首脳が集まって議論したうえ、米中の首脳が直接Draftingをするという異例の好機に恵まれましたが、法的文書を何も採択できなかったという大失敗に終わりました。

そのため、国連の下における多国間交渉自体への不信が立ち込めていて、交渉状況はCOP15以前まで退行しているため、すぐに次期枠組みを作成することは現実的に不可能な状況です。

そこで、COP16では、透明性のある過程で、COP17において法的拘束力のある削減目標と制度枠組みの包括的な合意を作成する下地となるような、各国間の利害バランスが取れた一連の決議を採択することが求められていました。

(続く »)

Advertisements

Pages: 1 2 3 4

Written by wakamonoiz

2011年1月29日 at 5:21 AM

Posted in 寄稿