Wakamonoiz

Make a noiz. Make a difference. 社会問題に取り組む若者たちの姿を伝えます。

[寄稿記事] 気候変動COP16現地からの報告(第3回):会議の様子とユースの活動

気候変動COP16からの報告、第3回はついにCOP16本番の様子をお伝えします。Climate Youth Japanのメンバーの奮闘のようす、そして会場の活気を反映した報告をお楽しみ下さい。

COP16が始まりました!(2010年12月1日)
提供: Climate Youth Japan @ Climate Negotiations

とうとうCOP16が始まりました。世界の多くの期待とともに始まり、大きな失望とともに幕を下げたコペンハーゲンでの会議から早1年。世界各地でWGの会合が開かれ、交渉が行われてきましたが、一向に縮まらない先進国と途上国の溝。その溝はここカンクンでどのような変化を遂げるのでしょうか。縮小か成長か。

Climate Youth Japanは3名のメンバーが入場用のバッジを持ち、COP16の本会議が行われる会場への入場許可を持っています。まともな朝食も取れないまま3人は朝7時30分に宿を発ち、会場へ向かいました。国際会議の社会現象というべきなのか、渋滞により普通なら40分で着く道が2時間もかかってしまい、朝に予定されていたYOUNGO(UNFCCC事務局より正式に承認されているユースNGOのグループ)のミーティングに出席することができませんでした。

入口の荷物検査

荷物検査を受け、冷房のきいた肌寒さを覚える会場内へ入り、その日に何が話し合われるのかが書いてあるdaily programmeを受け取ります。そしてどのミーティングを見学(observe)しに行くかを決め、その会場へと足を運びます。

デイリープログラムを確認中の福島さん

僕は日本主催のサイドイベントに出席し、JICAや環境省、JAXAなどからREDDに関するプロジェクトのプレゼンを聞きました。会場には、席の8割が埋まる数の聴衆が集まり、日本の技術に関心していた様子でした。

夕方になり、開始時間が遅れてAWG-KPとAWG-LCAのオープニングプレナリーが始まり、途中からLCAに参加し、各国代表団、NGO、そしてユースのスピーチを聴講しました。もっとも印象に残っているのはやはりユースのスピーチで、「コペンハーゲンでは思うような結果が得られず、皆失望したけれど、ここカンクンで南アフリカ(COP17開催予定)につながる結果が得られることを強く期待する」と堂々と強い口調で主張し、スピーチが終わった際には大きな拍手がわきあがりました。

AWG-LCAのミーティング風景

ミーティングが終わった後に話す機会があったのですが、とてもフレンドリーだったのが印象的です。「日本と中国は隣国として協力していかなきゃね。」と言っていたのが印象的でした。

夜はレセプションをに参加し、メキシコの辛い料理を堪能し、宿へ帰宅後11時30分頃からミーティングを行いました。そして今日は2日目。段々と重要な議題が始まり、ユースの活動も活発になっていきます。その中で日本ユースがどんな貢献をできるか、ということを考えながら会議・活動に臨みたいと思います。

(続く »)

Advertisements

Pages: 1 2 3 4 5 6 7 8 9

Written by wakamonoiz

2011年1月25日 at 5:49 PM

Posted in 寄稿