Wakamonoiz

Make a noiz. Make a difference. 社会問題に取り組む若者たちの姿を伝えます。

[寄稿記事] 気候変動COP16現地からの報告(第1回):交渉のポイント

つい先日までメキシコで開かれた気候変動COP16。その国際交渉の現場でさまざまな活動を行ったClimate Youth Japanによる報告を4回に分けて掲載します。まずCOP16の交渉のポイントと基礎知識についてです。

COP16では何が達成されなければならないか
提供: Climate Youth Japan @ Climate Negotiations

COP3(※1)の結果採択された「京都議定書」の約束期間は2012年で終わります。そのため、昨年デンマーク・コペンハーゲンで開催されたCOP15で2012年以降の枠組みを取り決めることがCOP13で決定されました(バリ行動計画 ※2)。しかし、COP15では法的拘束力のある決定はなされず政治合意に落ち着き、かつそれも一部の国が反対をしたため、全会議参加国がコンセンサスを得ることで可能になる「採択」ではなく、「留意」する、という一段弱い決定になりました(コペンハーゲン合意 ※3)。

COP16では、COP15の結果をさらに推し進め、2012年以降の枠組みを決めていく必要があります。

※1 気候変動/地球温暖化に関する基本的な情報(国立環境研究所) »
※2 バリ行動計画(日経BP) »
※3 コペンハーゲン合意の先へ~気候変動をめぐる国際交渉(外務省) »

(続く »)

Advertisements

Pages: 1 2 3 4

Written by wakamonoiz

2010年12月26日 at 8:28 AM

Posted in 寄稿