Wakamonoiz

Make a noiz. Make a difference. 社会問題に取り組む若者たちの姿を伝えます。

アフリカン・フェスタに行ってきた!

4年に一度のサッカーの祭典、FIFAワールドカップ南アフリカ大会がいよいよ開幕。世界各国の一流選手たちによる、目を見張るような攻防とともに、ワールドカップを初めて開催するアフリカ大陸の文化も注目を浴びています。
そんな中、6月12日(土)、13日(日)の二日間、横浜で「アフリカン・フェスタ2010」が開かれました。アフリカ各国の大使館やアフリカで活動するNGOなどが出展しているこのお祭りに、Wakamonoizからしのとひらおかが参加してきました。

「アフリカン・フェスタ」は、「アフリカ文化等を広く紹介することを通じ、国民のアフリカへの理解を深め、アフリカに対する親近感を醸成する」ことを目的に、毎年5月〜6月に外務省が開催しているお祭りです。ここ数年は横浜の赤レンガ倉庫イベント広場が会場となっていますが、この海に面した広々とした空間にアフリカに関係するNGOや国際機関などが出展するブースが立ち並び、リズミカルな太鼓な音が絶えず響いて、活気あふれる雰囲気に包まれます。もちろん学生団体や若手NGOもいくつか混じっていました。

たとえば、

などなど。

学生主体の国際協力団体の中で、アフリカに焦点をあてているところは、それほど多くはありません。その理由の一端は、やはり日本に住む私たちにとってアフリカが物理的にも心理的にも遠く感じてしまうということにあると思いますが、この日おじゃました団体は、アフリカで活動するだけでなく、それぞれ独自の切り口から日本国内でアフリカを身近に感じようとする活動を展開しています。今後、これらの団体の活動を一つ一つ詳しくお伝えする予定ですので、どうぞお楽しみに!

Advertisements

Written by wakamonoiz

2010年6月17日 at 3:17 PM

Posted in Uncategorized